三木特種製紙が工場増強、水処理膜基材の能力2.5倍に

環境エネ・素材
四国
愛媛
2020/2/13 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三木特種製紙(愛媛県四国中央市)は水処理装置や浄水器に使われる水処理膜用基材の生産能力を2.5倍に増強する。同市内に新工場棟を建設し、2021年夏の操業開始を目指す。投資額は約45億円の見込み。アジアなど海外を中心とした需要拡大に対応する狙い。従業員数は現状並みに維持したまま生産効率を向上させ、収益拡大につなげる。

新工場棟は本社に隣接した場所で、老朽化した建物を解体した上で、建設する。建物は平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]