JCRファーマ、脳に届く新薬で好結果 治験の中間解析

ヘルスケア
関西
2020/2/13 19:27
保存
共有
印刷
その他

中堅製薬のJCRファーマは13日、開発中の遺伝子難病「ライソゾーム病」の治療薬候補について、最終段階の臨床試験(治験)の中間解析結果が良好だったと発表した。医薬品の有効成分を脳内に直接届ける独自技術を使った新薬で、2020年中の承認申請を目指している。実用化できれば脳内に薬を届けられる世界初の新薬となる。

アメリカでの学会で発表した。ライソゾーム病の中でも中枢神経の障害が徐々に重くなる「ハンター…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]