クリーンエネ支援 日米連携 アジア・南米のインフラ開発

2020/2/13 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米両政府はアジアや南米で温暖化ガスの排出量が少ないエネルギーの導入を支援する。石炭火力から高効率の液化天然ガス(LNG)発電への転換を見込み、両政府と政府系金融機関などが開発の初期段階から関与する枠組みを立ち上げた。クリーンエネルギーの開発に投資資金を呼び込むとともに、「債務のワナ」が懸念される中国のインフラ開発と一線を画す狙いがある。

日本の財務省と経済産業省、米国の財務省がこのほど覚書を結…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]