最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,818.72 -246.69
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,860 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「極限環境銘柄」で難局を乗り切りたい [映像あり]

大川智宏

2020年4月2日

暗い材料ばかりでない! [映像あり]

2020年4月1日

[PR]

業績ニュース

昭和電工の20年12月期 純利益79%減
黒鉛電極の需要低迷

企業決算
2020/2/13 20:30
保存
共有
印刷
その他

昭和電工は13日、2020年12月期の連結純利益が150億円と前期比で79%減りそうだと発表した。2期連続で最終減益を見込む。世界の鉄鋼メーカーの需要停滞を受け、電気炉で使う黒鉛電極の価格が落ち込む。減損損失など約220億円の特別損失を織り込む。年間配当は1株130円と前期と同額で据え置く。

「20年は大変厳しい事業環境になる」。同日記者会見した森川宏平社長はこう述べた。売上高は11%減の8100億円、営業利益は59%減の500億円を見込む。

業績悪化の主因は黒鉛電極を含む無機事業だ。同事業の営業利益は84%減の140億円を見込む。欧州を中心に需要が減少し、販売数量が4割程度落ち込む。価格も19年上期をピークに下落基調が続いている。今後の黒鉛電極の需要について森川社長は「20年1~3月が底」で、「10~12月には本格的に回復するだろう」との見方を示した。

石油化学事業は中国景気の減速を受け、基礎化学品などを中心に市況が悪化する。一方で、半導体市況の回復で高純度ガスやハードディスク事業は回復する。

新型コロナウイルスによる肺炎の影響は「20年6月まで影響が続く前提で、営業利益で50億円前後の押し下げ要因として織り込んだ」(森川社長)。

同日発表した19年12月期の連結決算は売上高が前の期比9%減の9064億円、純利益が34%減の730億円だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム