1月の街角景気改善 四国4県、新型肺炎には懸念

四国
2020/2/13 19:09
保存
共有
印刷
その他

内閣府がまとめた1月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、四国4県の街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整済み)は前月比1.9ポイント上がり41.7だった。消費税率引き上げの影響は和らいできたが、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への懸念が広がっている。

家計関連では、乗用車販売業の営業担当が「数カ月前に比べ良くなっている」と回答。設計事務所の所長は「市内中心部の中古マンションでは…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]