金融機関向け電子契約サービス、北陸コンピュータ・サービス

地域金融
ネット・IT
富山
北陸
2020/2/13 18:50
保存
共有
印刷
その他

情報サービス大手の北陸コンピュータ・サービス(HCS、富山市)は、金融機関向けの電子契約サービスを始めた。PDFで作成した契約書に電子署名とタイムスタンプを加え、クラウド上に保管する。契約書を電子保存することで紙の契約書をなくし、事務効率化につなげてもらう。

金融機関は契約書をクラウド上に保管することで、紙の書類を保管する手間が省ける。顧客がスマホなどで電子署名することで契約が完了するため、契約書類の押印や授受といった作業も削減できる。印紙も不要となるため、顧客にとっては印紙代負担がなくなる利点もあるという。

電子契約サービスの需要は他の業界でも高いといい、今後は金融機関以外にも同様のサービスを展開していきたい考え。3年間で2億円の売り上げを目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]