関西主要オーケストラ、節目の年に熱演期す
文化の風

関西タイムライン
2020/2/14 2:01
保存
共有
印刷
その他

関西の主要オーケストラが2020年度に開く定期演奏会などのラインアップが出そろった。オケにとって欠かせないレパートリーであるベートーベンの生誕250年に、楽団の節目や新指揮者の就任などが重なり、熱のこもったプログラムを組んだ。

関西フィル 創立50年 「らしさ」示す選曲

音楽監督のデュメイ

音楽監督のデュメイ

関西フィルハーモニー管弦楽団は創立50年の節目を迎える。音楽監督10年目のオーギュスタン・デュメイは「楽員の適応力が向上している」と充実ぶりを強調する。21年に節目の事業の締めくくりとして欧州への演奏旅行を計画している。

4月の定期は首席指揮者の藤岡幸夫が振り、デュメイの独奏でメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲を奏でる。木島由美子による現代の作品と、エルガーの交響曲第1番を組み合わせた藤岡らしい選曲だ。

7月には1984年に同楽団が日本初演した貴志康一の交響曲「仏陀(ブッダ)」を再演。桂冠(けいかん)名誉指揮者の飯守泰次郎は10月、自身初挑戦となるブルックナーの交響曲第00番、0番を披露する。11年から取り組む全交響曲演奏会の最終回だ。飯守は5月、クラシック音楽祭の大阪国際フェスティバルで、ライフワークであるワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環(ゆびわ)」ハイライト版も上演する。

大響 創立40周年 ベートーベン三昧

名誉指揮者となる外山

名誉指揮者となる外山

創立40周年となる大阪交響楽団は、歴代の音楽監督らを相次ぎ招請。ミュージック・アドバイザーの外山雄三は名誉指揮者に就く。外山は楽団について「皆心持ちが若く、どんな要求をしても受け取ろうとしてくれるのが長所」と評する。

20年内の全主催公演でベートーベンを取り上げる。7月の定期は初代音楽監督の小泉ひろしが交響曲第6番「田園」を披露。12月には第3代の曽我大介が、三重協奏曲を指揮する。阪田知樹(ピアノ)、成田達輝(バイオリン)、岡本侑也(チェロ)という気鋭奏者の掛け合いが楽しみだ。

11月に登場する初代ミュージックアドバイザー・首席指揮者の大山平一郎は交響曲第1番を指揮。10月の外山は交響曲第8番とブラームスの交響曲第1番を組み合わせた。

京響 広上がブルックナー

芸術顧問にも就く広上

芸術顧問にも就く広上

京都市交響楽団は、08年から楽団を率いる常任指揮者の広上淳一が芸術顧問を兼任する。広上は「もっと高みを目指せるはず。世界の人に、京都に国際的なオケがあると認識してもらえるようにしたい」と、さらなる飛躍を誓う。

広上が指揮する定期のうち、注目は6月のブルックナーの交響曲第8番。広上がほとんど手をつけてこなかった作曲家だ。8月には京都出身の指揮者、阪哲朗が初めて定期に登場する。

首席客演指揮者には楽団と共演を重ねるジョン・アクセルロッドが就任。9月にマーラーの交響曲第2番「復活」を指揮する。10月、本拠地の京都コンサートホール(京都市)でロンドン交響楽団が同じ曲を演奏するが、広上は「絶対負けない」と対抗心を燃やす。

大阪フィル 尾高、得意のマーラー

音楽監督の尾高

音楽監督の尾高

大阪フィルハーモニー交響楽団は、音楽監督の尾高忠明の任期を21年度末まで延長した。チャイコフスキーの全交響曲演奏会にも挑む。「次の1年でまたステップアップしてくれるだろう」と期待している。

尾高は4月、自身初挑戦のベートーベン「ミサ・ソレムニス」を指揮。11月には十八番のマーラーの交響曲第5番、21年2月には指揮者を志すきっかけとなったブルックナーの交響曲第9番を演奏する。

客演指揮者にも注目が集まる。5月、シャルル・デュトワが19年度に続き登場。ラヴェル、ストラヴィンスキーと色彩豊かな音色に胸がふくらむ。エリアフ・インバルによるショスタコーヴィチ、沼尻竜典が指揮する武満徹や三善晃といった邦人作品も楽しみだ。

センチュリー響 情熱の指揮 秋山招く

ミュージックアドバイザーに就く秋山

ミュージックアドバイザーに就く秋山

日本センチュリー交響楽団はミュージックアドバイザーに秋山和慶が就く。「結束力があり、皆が一緒になり良い音楽をしている。明るく楽しい音楽を続けていきたい」と意欲を語る。秋山は4月の定期開幕戦でベートーベンの交響曲第3番「英雄」を披露する。

7月はチャイコフスキーの交響曲第4番、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第2番などのロシアもの。12月にはブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を振る。いずれも、端正で情熱的な秋山の指揮に期待が膨らむ演目だ。

首席指揮者、飯森範親による「ハイドンマラソン」は滋味を深める。10月には若手の名手、ファブリス・ミリシェーを迎え、ハイドンの弟によるアルトトロンボーン協奏曲も演奏する。(西原幹喜)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]