王者アリババ 物流に死角、新型肺炎で弱さ表面化
委託先で停滞、京東は自前配送で成果

新型肺炎
ネット・IT
中国・台湾
アジアBiz
2020/2/13 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=松田直樹】中国IT(情報技術)企業の代表でネット通販最大手のアリババ集団が新型肺炎拡大に直面し、物流の弱みが浮き彫りになっている。春節(旧正月)休みが長引いた結果、提携先の物流企業が機能せず配送が滞った。物流を自社で担う2位の京東集団(JDドットコム)が配送を続けるのと対照的だ。王者アリババは今後、ロボット配送を増やすなど物流機能の改善に動くのか選択を迫られる。

「休み中に天猫(Tモール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]