/

この記事は会員限定です

東芝機械と旧村上ファンド系の攻防激化、外為法でも

[有料会員限定]

東芝機械と旧村上ファンド系の投資会社が外為法を巡り、新たな攻防を繰り広げている。東芝機械は自社にTOB(株式公開買い付け)を仕掛けた投資会社がシンガポールに居住する投資家の村上世彰氏の支配下にあるとして、村上氏らの外為法に関連する手続きに不備があると主張している。財務省も調査に乗り出したようだ。村上氏側は法律上の手続きに問題ないと反論している。

旧村上ファンド系の投資会社シティインデックスイレブンス(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン