ロシア、東欧と国境問題再び 歴史認識に違い

ヨーロッパ
2020/2/13 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】旧ソ連を構成していた東欧のエストニアとロシアとの国境問題が再び浮上してきた。エストニアのレインサル外相は日本経済新聞に、両国が2014年に調印した国境画定条約の批准を見送る方針を表明した。背景にはエストニアが加盟する欧州連合(EU)とロシアの関係悪化のほか、第2次世界大戦を巡る歴史認識の違いもある。北方領土を巡る日本とロシアの問題にも類似する。

レインサル氏はエストニアの首…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]