北島康介 五輪のミカタ

フォローする

半年切った五輪 不安を一つずつ、確実に消す時期

Tokyo2020
2020/2/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

五輪まで半年を切った。今回は自国開催だ。選手の気合がいつも以上に入っているのが見てわかる。一日一日がとても重要になってくる時期。置かれた立場によって心の持ちようも変わるものだ。

僕は2000年シドニーから16年リオデジャネイロ大会まで計5回、五輪を目指した。初めての時はまだ高校生。毎日が合宿で「五輪に行けるのか?」「行くために必死に努力するんだろ?」と自問しながらの練習は本当に苦しかった。そんな…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

北島康介 五輪のミカタ 一覧

フォローする
無観客開催の大相撲。テレビで見ていると、力士から放たれるオーラがいつもより薄い気がする=共同共同

 新型コロナウイルスの感染拡大で、スポーツイベントも次々と中止や延期、または無観客での開催となっている。「損失何十億」という話を聞くと、スポーツは思っていた以上に僕たちの生活に根付いていたのだなと思う …続き (3/19)

競泳の北島康介杯の男子200メートル平泳ぎで優勝し、ガッツポーズする佐藤翔馬=共同共同

 五輪まで半年を切った。今回は自国開催だ。選手の気合がいつも以上に入っているのが見てわかる。一日一日がとても重要になってくる時期。置かれた立場によって心の持ちようも変わるものだ。

 僕は2000年シドニ …続き (2/13)

2020年の元日は新しくなった国立競技場での天皇杯決勝を観戦。イニエスタらの妙技に酔いしれた

 2020年の元日は、新しくなった国立競技場1発目のスポーツイベント、サッカー天皇杯決勝で迎えた。
 最上階付近でも見やすく、満席でも圧迫感がない。音がこもる構造も熱気に貢献していて、五輪本番の盛り上が …続き (1/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]