/

この記事は会員限定です

和歌山県、学生・観光客増加に重点 20年度予算案

[有料会員限定]

和歌山県が13日発表した2020年度一般会計予算案は、19年度当初予算に比べて6.8%増の5905億円となった。大学の新キャンパスや空港ターミナルビルの新設など若者や観光客を呼び込む事業に重点を置き、投資的経費が約30%増の1384億円となった。5年ぶりの増額予算に対応するため県債発行額は約40%増えた。

予算案は20日開会の県議会に提案する。仁坂吉伸知事は「新しい和歌山をつくるための予算」と説明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン