北京の大気汚染 経済停滞でも再び悪化

米中衝突
習政権
2020/2/13 16:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】新型肺炎で経済活動がほぼ止まっているのに、北京の大気汚染が再び悪化している。13日まで5日連続で「重度汚染」を記録した。風が止まり、汚染物質が飛んでいかないからだ。ゴーストタウン化した首都を覆うスモッグは「空気の質は結局は風任せ」という厳しい現実も突きつけている。

微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が高まり、空気の質を示す指数が連日、重度汚染の基準を上回る。春節休暇が始まった1…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]