ウルトラマン、なぜ及び腰? 直木賞作家の怪獣愛(2)
絶妙だったファイティングポーズ 朱川湊人

2020/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

"三つ子の魂、百まで"という真理を発見した人は、たいしたものだ。確かに3歳の時に見た『ウルトラマン』を、私は今でも深く愛している。

『ウルトラマン』は、前番組の『ウルトラQ』終了後、『ウルトラマン前夜祭』という特別番組を挟んで、昭和41年7月から放送が開始された。その数週間前に来日したはずのビートルズのことは1ミリも私の頭に引っかかっていないが、怪獣ベムラーを投げ飛ばすウルトラマンの雄姿は、心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]