/

この記事は会員限定です

養育費不払いにNO ひとり親、自治体の支援広がる

[有料会員限定]

ひとり親家庭の貧困が問題視されている。要因のひとつが養育費の不払いだ。養育費受け取りを支援する自治体の動きが広がり、国も取り組む姿勢を見せ始めた。求められているのはお金の取り立てにとどまらないきめ細かい支援だ。

養育費受け取った母子家庭、わずか24%

「自分が頑張って働いた方が早い」。東京都内で3歳の子供を育てる非正規社員の女性(28)はこう割り切る。元夫から月約2万円の養育費が支払われるはずが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン