2/23 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 新型肺炎、業績へ打撃 京王電鉄など悪影響開示56社[有料会員限定]
  2. 2位: スマホ決済、体力勝負 ネット4社の赤字2.3倍[有料会員限定]
  3. 3位: 過去最低の金利水準におびえる株式市場(NY特急便)[有料会員限定]
  4. 4位: バフェット氏投資会社、手元資金14兆円に 19年末時点
  5. 5位: 議決権行使の基準にESG 機関投資家、企業に改善促す[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,061億円
  • 東証2部 73,258億円
  • ジャスダック 95,642億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.15倍15.88倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 2.01%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,386.74 -92.41
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,290 -220

[PR]

スクランブル

フォローする

続くか「利益なき株高」 業績失速に警戒感
証券部 和田大蔵

2020/2/13 16:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で企業業績の先行きへの警戒感が高まっている。2019年4~12月期の決算発表は終盤を迎え、投資家の目が来期に向かうなか、世界景気には新型肺炎という新たな重荷が加わっている。過剰流動性を支えに「利益なき株高」の継続に期待をつなぐ声は根強いが、株価の割安感は後退しつつあり、再び上値を追う展開に戻れるかは不透明だ。

荏原、シチズンが9%安、凸版印刷7%安、ソフトバンクグループ、ヤマハ発動機、ク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム