新型肺炎「中国なお安心できず、国内流行に備えを」
専門家に聞く 浜田篤郎・東京医科大学教授

新型肺炎
科学&新技術
2020/2/13 15:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は中国の湖北省に続き浙江省からの外国人の入国拒否を決めるなど水際対策を強化した。今後、どんな事態を想定して対策をとればよいのか。東京医科大学の浜田篤郎教授に聞いた。

中国で企業活動の再開に伴ってまた感染者が増えないかという懸念があり、安心できない。一般的な風邪を起こすコロナウイルスは寒さのため人々が屋内にこもりがちな冬に流行し、暖かくなる3~4月に収まる場合が多い。だが、新型のウイルスは未知…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]