/

東京都東村山市、経営相談窓口開設 国の拠点と連携

東京都東村山市は4月、中小企業の販路拡大や創業などの相談に無料で応じる経営相談窓口「Bisport(ビスポート)東村山」を開く。国の中小企業支援拠点「東京都よろず支援拠点」と連携する。同拠点にコーディネーターとして登録している中小企業診断士などの専門家を派遣してもらう。

東京都東村山市は新設する経営相談窓口に、東京都よろず支援拠点から専門家を派遣してもらう(同拠点の都内での出張相談の様子)

窓口は毎月2回、市役所に開設する。相談したい経営者や起業希望者は事前に相談の予約をすれば、商品構成の見直し、事業承継、起業の手続きなど幅広いテーマの相談に乗ってもらえる。必要に応じ専門家が経営支援を継続的に行う「ハンズオン支援」も行う。

よろず支援拠点は国が各都道府県に設置しており、東京都には港区、立川市、東大和市の3カ所にある。都内の自治体が同拠点と連携して相談窓口を設置するのは初めてという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン