/

楽天、8年ぶり最終赤字318億円 19年12月期

(更新)

楽天が13日に発表した2019年12月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が318億円の赤字(前の期は1422億円の黒字)となり、8年ぶりの最終赤字に転落した。投資先の米ライドシェア大手リフトに関連して減損損失を計上したほか、携帯事業への先行投資も重荷となった。(詳報は「楽天、8年ぶり最終赤字 米リフト減損響く」参照)

売上高に相当する売上収益は前の期比15%増の1兆2639億円、営業利益は57%減の727億円だった。自社物流網整備への投資や携帯事業への先行投資がかさみ、利益を押し下げた。20年12月期の連結業績予想は公表していない。

国内EC事業の営業利益は514億円と、前の期に比べて11%減った。減益の主な要因は自社物流網への先行投資だ。10年で2000億円を投じる方針で、倉庫や配送センターへの投資を行っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン