カカオ、19年のれん減損で初赤字 音楽配信が苦境

ネット・IT
朝鮮半島
アジアBiz
2020/2/13 15:10
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=細川幸太郎】韓国ネット大手のカカオが13日発表した2019年12月期の連結最終損益は3398億ウォン(約316億円)の赤字(前の期は158億ウォンの黒字)だった。最終赤字は初めて。音楽配信サービスの利益見通しを引き下げ、のれんの減損損失を計上した。対話アプリ向け広告など本業は堅調で営業利益は同2.8倍の2066億ウォンだった。

のれんの減損対象となったのは、16年に1兆8700億ウォン…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]