[FT]新型肺炎で下落圧力にさらされるアジア通貨

FT
2020/2/13 14:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アジア太平洋地域の通貨は昨年末、米国と中国の貿易摩擦を巡る緊張緩和を好感して軒並み上昇した。ところが、今年になって中国発の新型コロナウイルスによる肺炎が広がり、値上がり分は吹き飛んだ。

オーストラリア(豪)ドルは対ドルで昨年12月には4%近く上昇したが、先週は約10年ぶりの安値をつけた。タイとシンガポールの通貨も、それぞれの国の中央銀行が(新型肺炎がもたらす)製造業のサプライチェーン分断と中国人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]