/

クルーズ船から高齢者ら下船へ 新たに44人感染

(更新)

加藤勝信厚生労働相は13日、横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、重症化リスクが高い高齢者らを優先的に下船させる方針を明らかにした。船内に14日間、とどまってもらう予定だったが、健康面で不安がある乗客も多いため、国が用意する施設に滞在してもらう。

加藤厚労相はまた、クルーズ船で新たに44人について新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表した。これまでに感染が確認された乗員乗客は218人となった。

優先的な下船の対象は80歳以上の高齢者で、基礎疾患(持病)のある人や窓のない部屋で生活している人に順次、ウイルス検査を実施している。陰性ならば下船させ、国が用意する宿泊施設に滞在してもらう。船内の80歳以上は200人。希望に応じ、船内にとどまることも可能としている。

同船は3日から検疫が行われている。感染予防策の徹底を指示した5日から起算して14日間、船にとどまってもらい、発症するかどうかを見極める予定だったが、船内で体調が悪化する人が続出。脳梗塞など肺炎以外の症状で、緊急搬送された乗客もいる。

感染者が次々と見つかる状況が続き、乗客の不安やストレスが高まっていることから、同省は一部のハイリスクな乗客について、下船させる方針に転じた。

同船は1月20日に横浜港を出港。同25日に香港で下船した男性の感染が確認されたとの香港当局からの通報を受け、厚生労働省が検疫作業を続けていた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン