たった一人の出版社 万人でなく必要とする誰かに
夏葉社代表・島田潤一郎さん(人間発見)

コラム(社会・くらし)
2020/2/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

出版不況のなか創業し、埋もれた文学作品を復刊してきた「夏葉社」(東京都武蔵野市)。代表の島田潤一郎さん(43)は編集から営業、発送まですべての業務を一人でこなす。ベストセラーは狙わない。つくるのは「誰かが必要としている本」だ。

◇   ◇   ◇

一人でやろうと思ったのは、チームを組んで何かをやることが苦手だったからです。一人ならば、結果がだめでも納得できます。

作家になりたくて、大学を卒業してか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]