医療現場もマスク不足 新型肺炎拡大で品薄常態化

2020/2/13 11:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響で、市販マスクだけでなく、医療機関でもマスクが不足する事態が起きている。注文の増加に供給が追いつかず、診療所などへの納品の取り消しや遅延が続く。他の感染症も含め、医療従事者を介した感染を防ぐためにはマスクは欠かせず、政府はメーカーの増産に向けた対策を急ぐ。

マスクおよび手指消毒液の注文を取り消しさせていただきます――。東京都新宿区の「ナビタスクリニック…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]