/

ソニー、光るミニ四駆が疾走

光と音で彩られたミニ四駆がサーキットを疾走――。ソニーはプラモデル大手のタミヤ(静岡市)と組み13日、動力付きの自動車模型「ミニ四駆」を使ったプロジェクションマッピングのイベントを始める。疾走するミニ四駆の動きを画像センサーで捉え、車体に映像や光を投影する。最新のテクノロジーを駆使した新たなエンターテインメントの可能性を探る。

ミニ四駆に投影する光の色やパターンは選べる。光と音の演出を連動させ、コース上に投影されたコインを通過すると「コイーン」といった効果音が響き、DJのターンテーブルの映像の上を通り過ぎると「デュクデュク」とスクラッチ音が鳴る。演出のパターンは組み合わせると180通りに上る。

1000分の1秒の速さで物体をとらえられるソニーの「高速ビジョンセンサー」を活用する。センサーの大きさは1ミリメートル四方と小型で、画像データからミニ四駆の位置情報をリアルタイムに把握できる。さらに物体の動きを予測するアルゴリズムを使って、走る車体に合わせて光を投影する仕組みだ。

イベントは商業施設「渋谷モディ」(東京・渋谷)で4月下旬まで開かれる。演出を手掛けたPERIMETRON(ペリメトロン)の西岡将太郎プロデューサーは「高速センシングの技術を使い、車体から背景のデザインまで手掛けた。いろんな要素がまじった映像を楽しんでほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン