/

この記事は会員限定です

暖冬で豚・鶏肉安く 前年比6~12%、鍋需要鈍る

[有料会員限定]

暖冬が響いて豚肉と鶏肉が値下がりしている。冬には鍋向けの消費が増えるのが通例だが、今年は記録的な暖冬で需要が低迷。スーパーでは売り上げが落ちていて、2月上旬の卸値は前年同期比6~12%安くなった。需要が鈍い一方、鶏は産地で設備投資が進み飼養羽数が増加。豚は温暖な気候で生育がよく、生産が伸びている。今後も暖かい日が続けば相場は伸び悩みそうだ。

水炊きや鶏団子などに使う鶏肉(東京市場、もも肉)の2月上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン