/

リコーなどに手紙爆弾 オランダ、けが人なし

ABNアムロの本社(アムステルダム)=ロイター

【ブリュッセル=共同】オランダからの報道によると、同国首都アムステルダムの大手銀行ABNアムロと、南部ケルクラーデにある日本の事務機器大手リコー関連のオフィスに12日、手紙爆弾が届き、それぞれの郵便室で爆発した。けが人はなかった。何者かが両社に暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」を送るよう脅迫しているとの情報がある。

リコーの施設は一部破損。同社は「けが人がなかったのは幸いだが、関係者は大変ショックを受けている」との声明を出した。

ABNアムロでは、従業員が郵便物の不審な音に気付き、投げ捨てた後、小さな爆発が起きたという。

オランダでは今年1月ごろから少なくとも7個の手紙爆弾がホテルや官公庁などで相次いで見つかっており、捜査当局が関連を調べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン