/

この記事は会員限定です

邦銀悩ます東電融資 気候変動リスクも無視できず

経済部 渡辺淳

[有料会員限定]

14日午後、東京電力ホールディングスとその子会社に融資する80社あまりの金融機関が都内で一堂に会する。東電側は事業環境や今後の見通しを金融機関に説明し、資金面の協力を呼びかける。それでも電力小売りの自由化が競争に拍車をかけ、利益計画の下振れは避けられそうにない。2022年度の販売電力量も18年度から1割以上落ち込む見通しだ。

東電の借入金は総額3兆円に迫る。このうち三井住友銀行の残高は今年3月末時点の概算値で6500億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン