日本が拒否のクルーズ船、カンボジアに入港へ

アジアBiz
2020/2/12 21:44
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=大西智也】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防止するため日本に入港できなかった「ウエステルダム号」がカンボジアに寄港することが12日、わかった。ロイター通信によると、南部の港湾都市、シアヌークビルに13日に入港する。

カンボジア寄港が決まったクルーズ船「ウエステルダム号」=ULLSTEIN BILD提供・ゲッティ共同

カンボジア寄港が決まったクルーズ船「ウエステルダム号」=ULLSTEIN BILD提供・ゲッティ共同

同船は日本に入港を断られた後、フィリピンのマニラでも入港を拒否された。タイが受け入れる予定だったが、国内で反発があり入港を認められなかった。同号には日本人を含む乗客乗員2000人超が乗船している。

カンボジアのフン・セン政権は中国との関係を重視し、新型肺炎を巡り中国路線の運航停止などの措置を取らない意向を表明している。シアヌークビルは首都のプノンペンから離れており、一時的な入港を認めたとみられている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]