新型肺炎、未知の危機管理 感染防止と人権配慮を両立

新型肺炎
政治
中国・台湾
2020/2/13 2:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、政府が未知の領域の危機管理を続けている。ウイルスの脅威の度合いや性質が不透明な初動段階の対応は、感染拡大を防ぐ水際対策と同時に人権への配慮も求められる。現行法の規定には限界もあり、首相官邸は異例ずくめの措置を迫られている。

中国湖北省にいる邦人帰国に政府がめどをつけた後も、新たな問題が次々と浮上している。直面するのは横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]