5/26 5:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 神戸製鋼所、高シェアでも「金のならない木」の悩み[有料会員限定]
  2. 2位: 衰えるバフェット氏の手腕 指数に勝てず含み益も急減[有料会員限定]
  3. 3位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  4. 4位: 三陽商会がきょう総会 バーバリー後5年、再生策どう判断[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,741.65 +353.49
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
20,820 +460

[PR]

ポジション

フォローする

日銀、FRBの2つの対応注視 政策見直しと資産購入縮小

清水 功哉
2020/2/12 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が今後とる2つの対応を日銀が注視している。年央に公表されそうな金融政策の枠組み見直しと、7月にもある短期国債購入の縮小だ。いずれも円高要因になる可能性に一応の警戒が必要だ。日銀側では、異次元金融緩和の副作用軽減に向け政策姿勢を多少は修正することも課題になるが、米側の対応を見極めないと動きにくそうだ。

日銀が関心を払う第1の要素である米金融政策の枠組み見直しでは、物価目標…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

ポジション 一覧

フォローする

読まれたコラム