中小支援へ保証枠5000億円 新型肺炎で政府緊急対策

2020/2/12 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急対策案がわかった。日本政策金融公庫などに5000億円の緊急貸付・保証枠を設け、観光産業などの中小企業を支援する。生産性強化のための補助金も使い、サプライチェーン(供給網)の毀損に対応した設備投資を進める企業を支える。

安倍晋三首相が本部長を務める政府対策本部で13日に決める。2019年度当初予算の予備費約100億円を活用。国費は総額で約150億円とな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]