/

この記事は会員限定です

[社説]内部統制を問い直すときだ

[有料会員限定]

企業の不正や不祥事が後を絶たない。日本郵政グループでは、かんぽ生命保険の不適切販売が明らかになった。東芝の連結子会社では売上高や利益を水増しする架空取引が発覚し、複数の上場企業や関連企業が関与していた。

日本を代表する企業で株主や顧客を裏切る行為が繰り返される。日本の資本市場への信頼性そのものを傷つける深刻な問題だ。

なぜ未然に防げなかったのか、不正をわかっていながら是正できず、放置してしまった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン