バイデン氏、早くも正念場 米民主党予備選ルポ
サンダース氏、勝利に支持者絶叫

2020/2/12 19:00
保存
共有
印刷
その他

バイデン氏はニューハンプシャー州で5位にとどまったもようだ=ロイター

バイデン氏はニューハンプシャー州で5位にとどまったもようだ=ロイター

11日の米東部ニューハンプシャー州で行われた野党・民主党の大統領候補指名争いの第2戦は候補による明暗がくっきりと分かれた。全米で高い知名度を誇るジョー・バイデン前副大統領(77)がまさかの5位になったもようで選挙陣営は意気消沈。バーニー・サンダース上院議員(78)は勝利集会で普段は見せない満面の笑みを浮かべてガッツポーズし支持者と喜びを分かち合った。

11日午後8時45分前後、ニューハンプシャー州南部ナシュアにあるバイデン氏の「勝利集会」のホテル宴会場は部屋の半分ほどしか支持者が集まらず、CNNテレビが流す開票速報にも反応は皆無だった。集会の壇上にはバイデン氏本人ではなく、妹バレリー氏があいさつに立った。「私たちは長い指名争いというマラソンの出発点にいる」。中西部アイオワ州に続く兄の「2連敗」をかばった。

それから約15分後、バイデン夫妻が南部サウスカロライナ州からビデオ出演で登場。「みなさんのしてくれるすべてのことに心の底から感謝を言いたい」と謝意を伝えたが、あいさつはわずか2分半で終わった。

バイデン氏が苦戦した一因は、頼みの綱である高齢者の支持を十分に集められなかったことだ。

ニューハンプシャー州東部の港町ポーツマス。学校の体育館に設けた投票所に足を運んだアレン・ゴードンさん(70)はバイデン氏と同じ中道派のエイミー・クロブシャー上院議員(59)に投じた。「誰ならトランプに勝てるか。バイデンも考えたが、エイミーの支持率が急上昇してたし、悩み抜いて今朝決めたよ」と打ち明けた。

出版社勤務のシェリ・ブルグーンさん(57)がバイデン氏支持を撤回したのはウクライナ疑惑が一因だ。ドナルド・トランプ大統領(73)の弾劾裁判ではバイデン氏の息子の汚職疑惑にも焦点があたっており「トランプと本選で向き合ったときに息子のことで攻撃されるのが気になった」という。

「政治の過激思想にうんざりしたなら私とともに道を歩もう」。劣勢のバイデン氏から票を奪ってサプライズを起こしたクロブシャー氏は11日夜、支持者に呼びかけた。大統領選の勝敗を分ける中西部ミネソタ州選出の穏健派として知られ、与党・共和党とも是々非々の協力を探る。無職のエントウィッスルさん(63)は「トランプ政権で進んだ分断を修正できるのはエイミーだ」と支持の理由を語る。

サンダース氏の勝利集会場となった大学体育館では午後7時45分前後に米メディアでサンダース氏優勢の速報が流れると、割れんばかりの「バーニー、バーニー」の大歓声が起きた。大型スクリーンに、首位を争ったピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)の集会の様子が映し出されると今度は大ブーイング。熱狂的とも評されるサンダース氏の支持者は若者が目立ち、ライバル候補への敵対心をむき出しにする。

サンダース氏がヒラリー・クリントン元国務長官に指名争いで敗れた2016年にサンダース氏への投票を決めた学生のヤコブ・ルイスさん(18)は「富裕層ではない全ての米国人のために働くバーニーが大好きだ」と叫んだ。ジュリアナ・ラウエさん(19)は1960年代から差別撤廃運動に取り組んできた主張の一貫性にほれ込んだといい「こんな政治家は他にいない」と語る。

ブティジェッジ氏も負けていない。開票前から州南部ナシュアの集会で熱狂的な支持者が「ピート大統領!ピート大統領!」の大合唱。本人が午後11時前に集会に姿を現すと「我々はホワイトハウスを奪還する」と力を込めた。さながら勝利演説で、ナンシー・ハーロウさん(73)は「若さあふれる彼なら米国をひとつにできる」と期待を込めていた。

ニューハンプシャー州はサンダース氏が勝利を収めたが突出した候補が不在の大混戦は変わらない。バイデン氏を支持したスティーブン・マルフィーさん(49)は「米国の立て直しにバイデンの経験が必要だ。まだまだ巻き返せる」と指摘する。2月末にはバイデン氏の強みとされる黒人層の比率が高い南部サウスカロライナ州で予備選が予定されており流れが変えられるとみる。

全米で予備選が集中的に行われる3月3日のスーパーチューズデーには穏健派のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)が本格参戦する。11日にブティジェッジ氏に投票したキャロル・ベネストラさん(80)は「本当はブルームバーグ氏に入れたかった」と話した。巨大都市の行政経験があるブルームバーグ氏はより魅力的だといい、今後のダークホースになるかもしれない。(マンチェスター〔米ニューハンプシャー州〕=鳳山太成、中村亮)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]