/

シマノ、19年12月期純利益4%減 為替差損響く

シマノが12日発表した2019年12月期の連結決算は、純利益が前の期に比べ4%減の518億円となった。電動アシスト自転車用の部品が伸びて営業増益だったが、為替差損24億円が響いて純利益は2期ぶりに減少した。20年12月期の純利益は前期比1%増の522億円を見込むが、新型肺炎の影響で、中国での生産見通しが不透明になっている。

19年12月期の売上高は3632億円と前の期比4%増えた。自転車部品は5%増の2900億円だった。スポーツタイプの電動アシスト車用の部品が欧州で好調だった。釣り具は米国やアジアで伸びた。

今期の売上高は2%増の3720億円を見込む。自転車部品事業の約1割に達した電動アシスト車用部品の成長が続き、「従来の欧州に加え、今後は米国や日本でも伸びる」(島野容三社長)とみる。ただ新型肺炎の広がりで、中国では一部工場で従業員が自宅などに待機中。「生産の先行きが読みにくい」(島野社長)状況になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン