/

この記事は会員限定です

山形の百貨店「大沼」破綻、再就職へ行政が迅速支援

[有料会員限定]

山形市の老舗百貨店、大沼が経営破綻し、山形県や山形市などによる従業員の再就職や生活の支援が本格化している。県や市などは6日に「大沼関連再就職等支援本部」を設置。12日には市などがテナントや取引先従業員を対象にした説明会も開いた。解雇者は大沼本体で190人に上るほか、テナント従業員にも広がっている。行政は「前例のない規模」(山形労働局)の雇用問題に対し、異例の対応を続けている。

「東京の衣料品会社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン