/

鈴木竹柏氏が死去 日本画家

鈴木 竹柏氏(すずき・ちくはく、本名=賢吉=けんきち、日本画家)2月7日、老衰のため死去。101歳。告別式は近親者で行った。喪主は長男、真氏。

日展を中心に秀作を発表し、日展の事務局長や理事長、会長を歴任した。日本芸術院会員。2007年に文化功労者。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン