アカデミー賞4冠の韓国映画、栄光支えた中堅財閥

サービス・食品
朝鮮半島
アジアBiz
2020/2/12 16:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米映画界の祭典、アカデミー賞の第92回授賞式で、韓国人の奉俊昊(ポン・ジュノ)監督の「パラサイト 半地下の家族」が外国語(非英語)映画として初めて最高賞の「作品賞」に選ばれた。その栄光を支えたのは同監督を20年間支援し続けた中堅財閥、CJグループだ。

「米映画産業の心臓に食い込んだ」「オスカー席巻、韓国映画神話となった」――。アカデミー賞受賞から一夜明けた11日、韓国大手紙はポン・ジュノ監督の受…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]