新型肺炎、中国向け国際路線67%減 観光・高額品打撃
【イブニングスクープ】

2020/2/12 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎の拡大で中国と世界を結ぶ航空網が細っている。直近の中国向けの国際線を集計したところ、路線数は世界保健機関(WHO)が1月30日に緊急事態宣言を発表する前より67%減った。減少率は中国滞在者の入国を拒否する米国で8割弱、日本や韓国でも5割に達した。減便の影響だけで累計240万人の往来が途絶えた計算になる。観光産業の落ち込みなどで、世界経済の減速を招きかねない。

航空情報会社シリウムのデータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]