知られざる足跡を追う 藤島大氏が選ぶ3冊
ベーブ・ルースは、なぜ甲子園でホームランを打てなかったのか 永田陽一著

読書
2020/2/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

美談にせよ奇談にせよ、およそストーリーとは、細部の検証をくぐり抜けて、歴史というアンパイアに向き合える。

99年前、北米先住民族チームが来日した。戦力はいかにも薄く、当初は大敗ばかりで「報道は消えた。その後、どこに行ったのか、追跡は容易ではない」。あやしい興行師にだまされ宿代を払えず、それでも茨城や新潟で人々を喜ばせた。そんな知られざる足跡を野球史家は難儀とわかって追いかける。

書名の謎は球場の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]