規格外の織田信長の姿描く 縄田一男氏が選ぶ3冊
嵐を呼ぶ男! 杉山大二郎著

読書
2020/2/13 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「嵐を呼ぶ男」といっても石原裕次郎のヒット曲のことじゃない。では誰かといえば、風雲児織田信長のことに決まっている。本書は、作者の歴史小説第一作だが、こんな規格外の信長を描くとは相当の手だれと見た。

この一巻における信長は、人が奪わず、殺し合わなくともよい理想の国を作りあげるべく「天下静謐(せいひつ)」を掲げるが故に、弱肉強食の戦国期にあっては大うつけと呼ばれてしまう。信長は時には山賊すら仲間(家…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]