「対トランプ」散らばる米民主
序盤2州予備選、混沌深まる指名争い

米大統領選
菅野 幹雄
本社コメンテーター
2020/2/12 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アイオワ州で指名争いが始まる10日前は想像もしない展開になった。豊富な実績で本命視されたバイデン前副大統領が下位に沈む一方、38歳の新星ブティジェッジ氏と78歳の闘士サンダース氏が序盤2戦で激戦の末に勝利を分け合った。

11月の米大統領選挙で共和党のトランプ大統領と対決する米民主党の指名候補争い。先例に従えば今回のニューハンプシャー州予備選挙までに一定の絞り込みが起きる例が多い。実際には混戦の度…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]