ニセコの主役アジア勢に 豪州人の比率は急減
クリック

インバウンド
2020/2/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内有数の国際スキーリゾートである北海道・ニセコで、外国人客の構成比に変化が起きている。パウダースノーにいち早く目をつけ、世界的リゾートになる原動力となったオーストラリア(豪州)人に代わり、近年は中国などアジアからの旅行客が急増。アジアを中心とした富裕層向けの超高級施設の進出が相次ぎ、観光地の景色は変わりつつある。

「十数年前と比べるとアジア系が増えている」と話すのは、ホテル「ザ・グリーンリーフ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]