新潟市・古町花街 芸妓文化を気軽に体験
Welcome to

2020/2/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

200年の伝統を誇る新潟市の「古町花街」。老舗料亭や置き屋が並ぶ小道では、今もお座敷に向かう芸妓(げいぎ)の姿を見ることができる。花街の料亭などで作る新潟三業協同組合は新潟市と連携し、歴史ある芸妓文化を残そうと活動している。

2018年に開業した「古町柳都カフェ」は、芸妓文化を身近に体験できる場所だ。平日限定でかつらや白塗りメークをしていない芸妓が接客する。料金は菓子とコーヒーのセットで600円…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]