遺伝子治療、目覚める日本 産学連携で欧米を追う

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
2020/2/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

病気の原因を根本から治療できる遺伝子治療の開発が世界で急速に進んでいる。日本でも2019年に2製品が承認された。実用化では欧米に出遅れているが、実は基礎研究の歴史は30年近くに及ぶ。国内製薬会社は全国各地の大学と共同で「眠れる資産」を活用した研究開発に力を注ぐ。海外との競争激化もにらみ、産学官の連携で勝ち残りを目指す。

19年12月。アステラス製薬が発表した約30億ドル(3200億円)のM&A(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]