/

口で覚える・修行僧のごとく…馬名の暗記法は様々

受験シーズンまっただ中。入試に臨む人たちは必死で、英単語や歴史の年号、方程式などを覚えてきたことでしょう。私もはるか昔はそうでした。今は、教科書や参考書ではなく、「服色表」を前に毎週苦闘しています。

騎手がレースに騎乗する際に着る服を「勝負服」といいますが、それぞれのデザインは馬主ごとに決められています。その決められた色柄を2センチほどの人型(Tシャツを連想してください)に塗り、その上に半円形の帽子を書いて枠の色を塗り、下には馬名を書きます。これが「服色表」(以下「ぬり絵」とします)です。レースを実況するアナウンサーはこの「ぬり絵」を作って、それを見ながら実況しています。馬名を間違えないためのカンニングペーパーであるといえます。

1日90頭の暗記に四苦八苦

ラジオNIKKEIでは1日の全12レースを2人のアナウンサーが6レースずつ担当します。今は出走頭数が多く、1レースに15~16頭が出走します。6レース全て16頭立てということは珍しくありません。ですから、90頭余りの馬の勝負服と照らし合わせて、その馬名を覚えることになります。

しかし、残念ながら受験生だった10代の頃と違い、今は物覚えがかなり悪くなりました。還暦というゴールまであと1年ちょっととなった身としては馬名を覚えることに四苦八苦しています。そこで他のアナウンサーはどうやって覚えているのか聞いてみました。

2月1日の東京競馬の「ぬり絵」

先日の金曜日、「ぬり絵」を作っている若手アナウンサーのA君に聞いてみました。

「僕は普通ですよ。塗った勝負服の下の馬名を隠してブツブツ言って覚えるだけです」

それは私も同じです。それで6つのレースを覚えるのにどれぐらい時間がかかるのかな?

「帰りの電車の中で見ながら、そうですね、20分から30分ぐらいかな」

驚きです。私は16頭なら15分かかります。ですから一通り覚えるのに6レースで1時間半はかかります。これは私の物覚えの悪さ、集中力がないからなのでしょう。

「それで、夜は覚えようとはしないですよ。疲れた頭には入らないので、当日の朝、競馬場に行く途中で覚えています」

彼が「一夜漬け」をしない代わりに、「浅(朝)漬け」で実況するとは意外でした。

2月1日の白富士ステークスでは14頭の馬名を頭にたたき込んだ(JRA提供)

しばらく2人で話をしていたらBアナウンサーが話に加わってきました。彼は言いました。

「俺は『ぬり絵』は作っても服色は一切見ないで覚えますよ。馬名を口にするだけです」

えっ、馬名だけ? 馬名だけではどんな色柄の勝負服なのかわからないはず……。

「頭で覚えようとするのではなく、口で覚えるんです。下手に勝負服を見ると、見慣れた勝負服であると安心してしまってよくないんです。まず口にしないと、どの馬が覚えづらいか分からないから、ひたすら馬名を口にして、馬が馬場に出てきたらガーッと勝負服を覚えるんです」

なるほど。しかし、最近はフランス語やラテン語など世界各国の言葉を馬名にしていることが多く、ただ馬名を繰り返すだけではなかなか……。

「だから馬名の意味を調べるんです。JRA(日本中央競馬会)のサイトを見ればすべての馬の名前の意味が書いてありますから。意味不明のただのカタカナの羅列より、意味を調べて理解した馬名の方が覚えられますよ」

老いては後輩アナに従え

う~ん、そうか。感心しているとBアナはさらに言いました。

「だから俺はG1レースを担当するときは1頭につき200回は馬名を口にしますよ。できれば500回やれたらいいんですけどね」

1頭200回! 私はBアナが、滝から流れ落ちてくる馬名を一身に浴びながら、お経ではなく馬名を口にした修行僧のように思えてきました。

人によって覚え方はいろいろです。その人にとって最も覚えやすい方法で頭に入れていけばよいわけですが、私も年のせいにしてごまかすのではなく、馬名を繰り返し口にしてみようかと思います。

ただ、どうでしょう。この前もカミさんに「ほら、あのドラマに出ていた、あの俳優何といったっけ。あの主人公の、夫役だった……」と言ってしまい、老化現象だと鼻で笑われてしまいましたが、俳優さんの名前を200回は言えないですよね。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 小林雅巳)

 各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン