ヤフー KADOKAWAとチケット販売で提携

2020/2/12 14:27
保存
共有
印刷
その他

ヤフーとKADOKAWAは12日、レジャー施設などのチケット販売で業務提携したと発表した。KADOKAWAが運営する観光情報メディアと連携することで、レジャー施設の情報収集からチケット販売まで一貫したサービスを手がける。まずサンリオピューロランド(東京都多摩市)などで展開を始め、順次対応施設を増やす。

観光施設やイベント情報を扱う情報サイト「ウォーカープラス」と、ヤフーが提供するデジタルチケット販売サービス「パスマーケット」およびオンラインのチケット情報サービス「ヤフー!チケット」を連動させる。

消費者はウォーカープラスで関心を持ったレジャー施設のチケット購入をシームレス(継ぎ目の無い)に実施することができる。

今回の提携サービスは12日からサンリオピューロランドと東京タワー(東京・港)、新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)で始める。今後、「ムーミンバレーパーク」(埼玉県飯能市)など対応施設を順次増やしていく方針だ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]