/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、孫社長「ウィーワーク21年に黒字化へ」

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループが16時から開いた決算会見が終了した。15時に発表した2019年10~12月期の連結純利益は550億円と前年同期比92%減った。約7000億円の最終赤字だった7~9月期からは回復した。孫正義会長兼社長は、シェアオフィスを運営する米ウィーカンパニーで21年のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、調整後)を黒字化するなど新たな再建策を示した。孫社長の発言をタイムラインでまとめた。

【17時48分】決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3880文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン