都立病院、独法で人材確保めざす 「公務員」制約なく
独法化へ 都立病院改革(下)

医療・健康
東京
関東
2020/2/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「公的病院が常勤医で麻酔科医を確保することは、もうほぼ絶望的な状態になっている」。2017年に都が開いた東京都の都立病院の経営効率化をさぐる会合で、がん医療の拠点、駒込病院(文京区)の当時の院長が人手不足の状況を訴えた。

人気医療ドラマ「ドクターX」には、主人公の外科医のパートナーであるフリーランスの麻酔科医が登場する。実際の医療現場でも非常勤の麻酔科医は決して珍しくはなく、駒込病院も非常勤医を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]