新型肺炎「国内でも流行想定、消毒・手洗いで予防を」
専門家に聞く 朝野和典・大阪大学教授

新型肺炎
科学&新技術
2020/2/12 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国を中心に猛威をふるう新型コロナウイルスが国内でも流行するリスクが高まっている。大阪大学の朝野和典教授は「国内でも流行すると想定して準備が必要」と指摘する。手洗いの励行など感染予防の重要性を訴える。見方を聞いた。

クルーズ船やチャーター機の検査結果を踏まえると、中国から感染者を含む集団旅行客などが日本国内に入り、多くの人と接触しているのは明らかだ。1月22日までに中国・武漢市から日本に1万60…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]